FC2ブログ

しまくま堂

おばあちゃんのうちのような懐かしい感じ。北海道で、ロシア・東欧をメインにした vintage&select shopを営む猫好き店主のBlogです。

奇しくも干支マグ 東ドイツ COLDITZ社 切り絵みたいなおサルさん

いつもありがとうございます。オンラインショップ(通信販売)ご注文品、
順次、お送りしていますので ご到着までどうぞお楽しみに♫
またこの週末、‘ご予約制の店’としてひそかに開いていた
簾舞しまくま堂。雪のなか、お越し頂きありがとうございました☃ 

黒猫のくま、いつも気まぐれに現れお客さんに一声かけて出て行くのが、
日曜日、めずらしくずっと店番した姿はまるで銭湯の番頭さん。
思わず湯浴みしたくなる風情。唐草模様が似合うのは、伊達じゃなかった。
 IMG_5116.jpg そしてまた、雪の世界へ ...

オンラインショップには、2016年の干支・申年にちなんだ?!ような
ヴィンテージ・マグカップをUPしました。
 IMG_1297.jpg
【東ドイツ】COLDITZ社のマグカップ 切り絵みたいなおサルさん
 中国の切り絵のようなトリッキーなデザイン。
 東ドイツ時代、国外輸出向けにつくられたものです。
 1970年代以降とみられ、食器洗い機の使用も可能です。

 マグカップの下に敷いたチェコの藍染ランチマット
 イースターエッグと雪柳のデザイン。イースターにまつわるデザインは
 女性的なものが多いですが、藍染は性別を問わず使えるところもおすすめです。


こちらは、古本部門ですぐに売切れてしまった絵本
『 タンタン ソビエトへ 』
 IMG_1307.jpg Thank you! Sold out.
ベルギーの冒険少年記者‘タンタン’シリーズは1928年、
この『ソビエトへ』からスタートしました。作者エルジェは、
偏った情報だけをベースに描いたこの記念すべき第一号を
「若気の過ち」として長い間、封印していたそうです。


111 の並んだ日、縁あって可愛いドイツのキッズウェアが
しまくま堂にやって来ました。
 IMG_1310.jpg
ポンチョやジャンパースカート、ニットのカーディガンなど。
約40年前のドイツのものだそうです。どれもこれも「大人だって着たい!」と
切望する可愛いものばかり。きれいに整えたら改めてご紹介しますね。
関連記事

 インテリアと、古いもの

0 Comments

Leave a comment